インプラント治療をすすめられる

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので該当する歯の分だけ治療することになります。
周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を用いているのです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
全額自費を覚悟しましょう。
もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思います。
近年市民権を得てきたインプラント。
人工歯の組成には、多くの場合、セラミックが使用されています。
セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスを必要とする、高レベルな作業なのです。
もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、インプラントの治療費は高くなるのです。
インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。
とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。
顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。
他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
インプラント埋入は外科手術なので、術後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。
日常生活では力をかけないように努め、明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。
血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。
運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、大事だと心得てください。
感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその都度、費用がかかります。
標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。
この定期検診に必要なお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは言えません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、まずは口腔内をきれいに保ってください。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
こちらもおすすめ⇒研磨剤が入っていない

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す