歯科や口腔外科での病歴

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すことを忘れないでください。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。
今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないのできちんと歯科医に相談することが大事です。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。
この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてください。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。
インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費と考えてください。
もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが良いと言えます。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。
年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、歯がグラついて違和感を覚えるなどの事例もあります。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に原因があると言ってよいでしょう。
インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。
セラミックとは要するに陶磁器であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。
熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。
これには大変な手間と時間がかかりますから、それだけ、セラミックの歯というものは従来の金歯よりも高額になるのです。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。
そして、治療終了後のメンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
インプラントは人工歯なので虫歯を気にしなくて良いのですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。
しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
感染が重篤化する危険性があるので早急に診察を受けましょう。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないとは言えません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差はかなりありますし、どの歯科医院を選ぶかによっても相当差が開きます。
そして、定期検診にも費用がかかってくるということも覚えておきましょう。
こちらもどうぞ>>>>>歯の茶渋に悩んで歯磨き粉で落とす方法

カテゴリー: 未分類 パーマリンク