インプラントという治療法

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。
それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。
実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。
インプラント治療による危険性を皆さん、入念に調べたと思います。
その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。
それは違います。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属があれば、そこは乱れて映ります。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、MRI検査への影響はありません。
虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
ブリッジでもいいですよと言われましたがこのような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。
インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みを感じることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。
上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることがキーポイントの一つです。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、真っ先に見ておきたいところです。
顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプに分類することができます。
骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらに人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。
これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。
インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。
自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。
PRサイト:白い歯 歯磨き粉 人気

カテゴリー: 未分類 パーマリンク