歯科医師の技術

インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。
腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない患者さんに最適な治療方法になります。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になるという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればもう少し粘ってみてください。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つというのが多くの意見です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。
長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。
歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、サボらず毎日のケアを行ってください。
日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活するよう気をつけてください。
日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動はしばらく行わないようにしましょう。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。
運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。
毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。
全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
大まかな相場はありますので、心配しないでください。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。
メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。
従って、年間1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。
高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならこの人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて時間も手間もかかるからです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
治療の一部を保険適用にするだけでも、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
続きはこちら⇒汚れたステインで歯が黄ばむ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク