胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。

葉酸は、ビタミンのひとつです。
その効果は定期的な摂取の結果、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。
厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。
赤ちゃんの健やかな成長を促すために、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。
一度目の妊娠の時、流産してしまいました。
とても悲しくて、しばらく子供のことは考えられなかったのですが、しばらく経ってから、また妊娠について前向きに考えられるようになり、妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。
妊娠に適した体になるように、冷え性を治そうと運動を始めてみました。
運動によって新陳代謝が良くなったのか、低かった基礎体温が上がり、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。
親友の話なのですが、妊娠したいと話していた頃に漢方を欠かさず服用していたようでした。
彼女が言うには体質から変えたい、と考えているようでした。
漢方だったら安心できますね。
漢方を続けていた彼女は、命を授かることが出来ました。
彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、良かったと思っています。
「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性が行うものだと考える方も居ますよね。
ですが、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。
それが葉酸の摂取です。
ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは女性にあるとは限らず、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。
原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。
葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。
そのため、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。
妊娠を希望する多くの方はご存知だと思いますが、妊活において最も特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だと思います。
妊活をしている方ならば、いつ赤ちゃんを授かってもおかしくないという事ですので、妊娠したと発覚する以前から、健康的な食事を心がけるようにしてください。
中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。
妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前から赤ちゃんを授かっているのです。
出来るだけ早く十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。
不妊の要因になるものといえば、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった女性側に原因があるものと、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性のほうに起因するものが想定されます。
もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。
両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。
男女双方が検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。
卵子が受精した後、受精卵は細胞分裂を繰り返しながら成長し、おなかの中で体の器官を作り上げていくのですが、葉酸は、この時に重要な働きをします。
葉酸は食品に含まれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。
ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特徴があるために、様々な栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給がお勧めですね。
とはいえ、妊婦にとって不足しがちな栄養素は様々ですから、葉酸以外にどんな栄養素が必要であるのか分からないという方が殆どだと思います。
簡単な判別方法としては、粉ミルクの成分を参考に、サプリの成分を調べてみるのが良いですね。
妊婦にとって、葉酸摂取による効果はさまざまなものがあります。
その中でも葉酸の十分な摂取によって、赤ちゃんの先天的脳障害発症のリスクが低減する点は最も注目したい効果です。
ですから、妊娠を計画をしている方は、母子ともに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが大切です。
例えば、葉酸のサプリならば摂取が難しくないですから是非試してみてください。
2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。
長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、言い出しにくい感じがしたので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。
料金は1回2800円で安価でしたが、それでも妊娠に至らず、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。
私はラッキーだったのか、全部飲み切らないうちに、二人目の妊娠が判明。
やったぁ!と思いました。
嬉しかったです。
まだ妊娠できないと悩んでいるときは、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。
基礎体温は運動などによる変化がありませんから、女性のホルモンバランスの変化が推測できて、不妊治療の大事なきっかけになるのです。
さて、基礎体温表を作るにあたっては、毎日、起床時に体温を測るという注意事項もありますから、習慣的に続けていくことが肝心です。
いまはアプリもあるので気軽にできますね。
参考:葉酸が妊活良い事はいつからでしょうか

カテゴリー: 未分類 パーマリンク